スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超小型衛星で星の精密地図=日本初、国立天文台や東大など-来年夏、海外で打ち上げ(時事通信)

 星の位置や運動を精密に観測する超小型天文衛星「ナノジャスミン」を開発し、2011年8月にブラジルの発射場からウクライナの新型ロケットで打ち上げると、国立天文台や東京大、京都大が12日発表した。観測成果は14年に全天の精密地図として公表される。星の位置観測専用の衛星は日本初で、世界でも2番目。
 ナノジャスミンは1辺が50センチの箱形で、重さ約35キロ。高度約700キロで地球を南北方向に周回する。開発・製造費は約1億円と、従来の中型天文衛星の数百分の1。打ち上げ費は、ほぼ無料。衛星開発の責任者は、1日付で東大助教から異動した酒匂信匡信州大准教授が務める。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
銀河団の成長とらえた=衛星「すざく」で
巨大粒子雲も宇宙線放出か=証拠となるガンマ線観測
「冷たい木星」を発見=へび座惑星、欧州の望遠鏡で
恒星からのガンマ線とらえる=日米欧の観測衛星

<外為>東京=17時 1ドル=90円28~29銭
<輸血ミス>60代女性死亡 因果関係なしと阪大病院(毎日新聞)
死と向き合う教育広めたい―孤独死対策活動家の中沢氏(医療介護CBニュース)
<東広島市長選>蔵田氏が無投票で再選 広島(毎日新聞)
マニフェスト修正を、連合会長が首相に要求(読売新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふるたすえおさん

Author:ふるたすえおさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。